トップへ帰る

HGUCガンタンク

2006.9

2006年初頭からコッソリ作っていたので、ほぼ8ヶ月。長かった…。サフとかスミ入れとか、ちゃんとやって完成したのほぼ初。
ギリギリまで完成させる自信がなかったので、途中写真とか全然ありません。
色はトリコロールがカトキガンダム用カラー。あとは適当に…。
あと、ちなみに109は単に「ハヤトが乗ってる」という記号として使用。
色々な考察サイトを見たり、さんざん悩んだけど、いいやもう、109で、て感じで。



後姿。謎のハッチについては後述。



※改造部分※

頭、実はスクラッチ。HGUCザクの膝パーツを刻んだものを芯に、プラ板とエポパテで作成。
ガンキャノン等のほかのUCと合わせるため、ひとまわり小さく製作。赤いアンテナはそのまま。
なお、キャノピー部分のみギンギンのグロスブラックで塗装してあるため、パッと見ると一瞬透明っぽく見えます。
もとの頭との比較↓


問題のハッチ。これ、名づけて「セイラさんの腰掛け」。
劇中でセイラさんのガンダムを運搬してるシーンを再現するためのギミック。
こうなってないと、乗っけて運べないもん、絶対。
ジャンクパーツとプラ材で、一応内部もそれっぽくなってます。

ポリキャップも仕込んであるので一応開閉可能。でも、完成寸前に
ポリキャップの「弾性」(押し込んでも、ちょっとだけ戻る)により、完全には閉まらないことが発覚。
「いいやもう、開いたままで」
いつの日か、UCガンダムが完成したら乗っけた姿をご披露します。いつになるかわからないけど…。




次は何か、変なのを作りたい。

トップへ帰る